院試解答研究所

理工系の大学院入試の解答を作成しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大を目指す人に

東京大学では二年次に進学振り分けというのが行われる。入学して二年間は全員が教養学部に一度入り、広く教養を身につけた上で、改めて成績順で志望した学部に進学し専門的に学ぶのである。入学時に学部を決める必要がないため、この制度を理由に東大進学を志す人も多いのだが、よく知らずにいると痛い目を見るので注意が必要である。

大学入ってちゃんと勉強しときゃ大丈夫だろと思う方も多いかもしれないが、案外大変である。相手は皆東大生である。みんな行きたい所は似通っていて人気学科は割と好成績が必要になるのだが、当然成績は相対評価なので優(80点以上)三割規定なるものが存在しそうそう簡単にいい成績はつかないのだ。

進学振り分けの各学部の底点は毎年公開されている↓
http://todai.info/shinfuri/hikaku.php

みればわかる通り理科から文転したり理三以外から医学部に行くなどの荒技は、可能ではあるが相当の高得点が必要である。入学時から狙っていかないとかなり厳しいため、だったら最初からその学部に行けよという話になり本末転倒なのだが‥

一方、航空宇宙や理学部物理学科などは理科からでも好成績が必要になる。はじめからやりたいことが決まっていて大学では授業なんか出たくない人は京大など他の大学を目指した方が賢明である。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://liberalscience.blog.fc2.com/tb.php/56-95d4597d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。